沖縄で「カタラーナ」を食べるなら、jimmy’s(ジミー)がオススメ!

たーかー

はいさ~い!

沖縄でカタラーナ食べるなら
オススメはどこ?

たーかー

それならケーキで有名な
jimmy’s(ジミー)がオススメだよ☆

あなたはスイーツは好きですか?

私は甘いものに目がなく、気になったものは何でも食べます。

その中で今回はjimmy’s(ジミー)の「カタラーナ」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
目次

「カタラーナ」とは?

そもそもカタラーナって何?

カタラーナは

・卵
・牛乳
・生クリーム
・砂糖
・小麦粉

を使って作られ、冷蔵庫や冷凍庫で冷やします。

その後、食べる前に表面に砂糖を振って、火で炙って焦がします。

見た目はクリームブリュレ似ています。

その違いは以下の通りです。

クリームブリュレ→卵と生クリームが主体
カタラーナ→卵と生クリーム以外にも牛乳や小麦粉も使う

原材料が玉子と生クリーム主体化、それ以外も加えるのかが2つの違いです。

またプリンとも似てますが、カタラーナは湯煎焼きされないため、作り方が違うのが特徴です。

沖縄でケーキが有名な店「jimmy’s」のカタラーナ

1956年にオープンし沖縄で長年愛されている小売店です。

北部から南部まで県内に21店舗と、沖縄県民なら知らない人はいない程の老舗店です。

ケーキで有名で、誕生日のケーキで利用する家庭も多いです。

ケーキだけでなく
・クッキー
・スナック菓子
・飲み物
まで様々な商品が売られています。

その中で、「カタラーナ」も食べてみたら美味しかったので、紹介したいと思います。

カタラーナの魅力

カタラーナの魅力です。

本来は熱いまま食べる事もあるそうですが、日本では冷えた状態で食べる事が多いです。

暑い日におススメのスイーツですね。

表面は砂糖が固くなって「パリパリ」とした食感が、冷え冷え感を倍増させてくれます。

味は

・卵
・牛乳
・生クリーム
・砂糖
・小麦粉

を使用しているため濃厚となっています。

中身は甘く濃厚ですが、表面を炙っているため表面はほろ苦く、甘さの中にほろ苦さもあるため、大人でも美味しく食べられます。

また炙っているため香ばしく、箱を開けた瞬間から香りがただよってヨダレが出てきてしまいます。

半解凍で食べるため、最初は固く、そこから少しずつ溶けていくため、違う食感を楽しめます。

私は少し溶けた時の食感が好みですね。

まとめ

暑い夏はもちろん、寒い日でも家の中で食べる、ヒンヤリスイーツは好きな人も多いと思います。

カタラーナは通販でも色々販売されているので、これを機にぜひ食べてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次