沖縄のまんじゅう菓子「タンナファクルー」お茶のお供にオススメ。お土産にも最適です。

たーかー

はいさ~い!

沖縄おススメのまんじゅうって何があるの?

たーかー

それならタンナファクルーが良いよ☆

沖縄のおばぁの家に行けばいつでもあるお菓子。

それがタンナファクルーす。

沖縄の、子供からお年寄りまで大好きな、昔ながらのまんじゅうです。

沖縄で昔から愛されている「タンナファクルー」、について、今回紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次

タンナファクルーの魅力

「タンナファクルー」の魅力は黒糖で作られていることです。

袋を開けた瞬間、黒糖の香りが漂います。
この香りで食欲を湧き立たせてくれます。
袋を開けた瞬間からよだれが止まりません。

食感は卵を使用しているためフワフワ食感です。

この食感がたまりません。

この食感のため、1個で辞めたいのにどうしても2個食べてしまいます。

味は、黒糖のほんのりとした甘味です。

白砂糖と違って黒糖は優しい甘さになっているため、罪悪感がありません。

黒糖・小麦粉・卵とシンプルな食材のため、素朴な味ですが、その素朴さがホッとするひと時を与えてくれて懐かしさを感じさせます。

・香り
・味
・食感
どれをとっても最高のまんじゅうです。

一度食べたら忘れられなくお菓子です。

タンナファクルーの由来

タンナファクルーは明治時代に生まれました。

黒糖を主原料とし小麦粉に卵を加えて焼き上げた、沖縄伝統の焼き菓子です。

「タンナファクルー」
正直、、、言いづらいですよね?

「タンナファ」=「玉那覇(タマナハ)さん」
「クルー」=「黒い」
玉那覇さんが作った、黒いお菓子のことを
「タンナファクルー」と言います。

明治時代の人の名前が商品となり、現代まで継がれているのは驚きです。

そんな明治時代から継がれているほど、沖縄の人から愛されている。
それが「タンナファクルー」です。

スポンサーリンク

合う飲み物はやっぱり「さんぴん茶」

この「タンナファクルー」ですが、食べると口の中が、チーチーカーカー(口の中が渇く)します。

そのため、食べる時は飲み物は必須です。

そのオススメの飲み物は沖縄定番の「さんぴん茶」です。

沖縄の食べ物全てに合っていると言って良いほど、さんぴん茶は万能の飲み物です。

沖縄の食べ物を食べる時には、ぜひ一緒に飲んでみてください。

泡盛通販 泡盛商店
¥3,400 (2022/04/11 22:06時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

明治時代から愛されている沖縄のまんじゅう
「タンナファクルー」
食べてみれば、なぜ人気があるかすぐに分かります。

ぜひ一度食べてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次