【2022年版】沖縄のエアコンおすすめ⑮選!カビ対策は大丈夫?コスパの良い選び方!

たーかー

はいさ~い!

沖縄のエアコンの選び方ってちょっと違うの?

たーかー

沖縄は独特の気候だから、違いを説明するね。

沖縄の夏の電気代が高くなる原因が、エアコンの使用。

暑い夏を快適に過ごすためにエアコンの使用は仕方ないですが、できるだけ電気代は安くしたいですよね?

間違ったエアコンを購入してしまうと、電気代が高くなってしまったり無駄に高いエアコンを買ってしまうかもしれません。

そのため、今回沖縄の気候にあったエアコンの選び方を説明したいと思います。

この記事を読むことで、エアコン使用時の電気代を抑え、コスパの良いエアコンを購入する事ができます。

沖縄でおススメのエアコンも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
目次

部屋の広さで選ぶ

エアコンを購入する時に、絶対チェックしないといけないポイント。

冷房能力(畳数)の目安です。

あなたの間取りより、低い冷房能力(畳数)のエアコンを選んでしまうと、消費量が大きくなり電気代が高くなってしまいます。

表記の見方

表記の見方で重要なのは、右側に書かれている数字です。

沖縄の建物はほとんどが鉄筋コンクリートです。

表記の【〇~〇畳】って表記されている右側の数字を参考にしましょう。

もう一つ、冷房能力で選ぶポイントがあります。

ポイントは、部屋に入る日差しの強さです。

沖縄の日差しは強く、室温も上昇させやすいため、日差しが入りやすい部屋は、表記より2畳ほど広い能力のエアコンを選ぶことをオススメします。

広い畳数を選ぶポイント
  • 南向き・西日が強い
  • 大きなガラス窓がある
  • 天井が高い

上記のような部屋は、実際の間取りより広めの冷房能力のエアコンを購入してください。

【ワンポイントアドバイス】
キッチンは火を使うため、室温が高くなりやすいです。
キッチンがある部屋で購入する場合は、プラス4畳ほどのエアコンを購入することをオススメします。

省エネ性能で選ぶ

省エネ性能が大きくなればなるほど、料金が高くなります。

省エネ性能は「APF(通年エネルギー消費効率)」を参考にしてください。

【APF】
1年を通して、ある一定の条件下でエアコンを使用した時の冷暖房能力のこと。

APFが高ければ高いほど省エネになります。

省エネ性能には★~★★★★★の5段階があり、★の数が多いほど省エネ効果が高いです

省エネ性能での選び方

使用頻度の高い部屋では、省エネが高いエアコン

使用頻度が低い部屋では、省エネが低いエアコン

上記のような選び方をすることで、コスパ良くエアコンを購入することができます。

参考にしてください。

付加機能で選ぶ

エアコンの付加機能を紹介します。

エアコン付加機能
  1. 空気清浄機能
    ホコリや花粉の集じん
    除菌
    脱臭
  2. お手入れ機能
    フィルター自動洗浄
    自動熱交換機洗浄
    内部乾燥
  3. 人感センサー
    自動停止
    床温度センサー
    人・ものセンサー
    温冷感センサー
    日射センサー
  4. 空調機能
    気流制御
    除湿
    加湿
    室内換気
  5. 最新機能
    AI自動運転
    スマホ連動
    スマートスピーカー対応

付加機能の中で、沖縄で注目したい機能を紹介します。

おすすめ付加機能

  • 除菌機能
  • 日射センサー
  • 自動熱交換器洗浄
  • 内部乾燥

沖縄は、年中湿度が高くカビが生えやすいです。

上記で紹介している付加機能はカビを抑制するため、沖縄でオススメの機能です。

不必要な機能

加湿機能

湿度が高い沖縄では、ほぼ不必要な機能です。

この機能だけでエアコン代が高くなるのはコスパが悪いです。

加湿機能が付いていないエアコンを購入することをオススメします。

付加機能で選ぶ場合は、上記を参考にしてください。

設置場所でのおすすめエアコン

上記で説明してきたポイントを参考に、部屋に合わせたエアコンを紹介します。

リビング

人数が多く使用時間が長くなるリビングは、省エネ機能が高いエアコンがオススメです。

省エネ評価★★★★以上のエアコンを設置することをオススメします。

また、人感センサーや空気清浄などの、快適に過ごせる付加機能があるハイスペックなエアコンもおすすめです。

省エネ評価★★★★以上

【付加機能】

スクロールできます
空気清浄機能空気清浄・内部乾燥・除菌・脱臭
お手入れ機能フィルター自動洗浄・自動熱交換器
空調機能除湿
センサームーブアイmirA.I.+
最新機能AI自動運転・スマートスピーカー対応

\詳細はこちら/

寝室

布団から出るホコリ多いため、寝室はホコリがホコリ量が多い部屋です。

空気清浄や、フィルター自動洗浄が付いているエアコンを設置しましょう。

また、眠りやすい環境を作るために、人感センサーもオススメです。

空気清浄機能付きエアコン

【付加機能】

スクロールできます
空気清浄機能空気清浄・内部乾燥
お手入れ機能フィルター自動洗浄
空調機能除湿
センサームーブアイ
最新機能なし

\詳細はこちら/

子供部屋

勉強部屋として使うだけなら使用頻度も少ないため、最低限のスペックで本体代も安いのを選びましょう。

勉強+寝室部屋として使うなら上記の寝室を参考にしてください。

低価格エアコン
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥41,980 (2022/06/22 10:46時点 | Amazon調べ)

【付加機能】

スクロールできます
空気清浄機能内部乾燥
お手入れ機能
空調機能除湿
センサーなし
最新機能なし

\詳細はこちら/

室外機の遮熱対策にカバーを

室外機が日光によって温められると、室内の熱が排出できずにエアコンの電力効率が下がってしまいます。

室外機に日除けを付ける事で、室外機の温度の上昇を抑えてくれるため、省エネ効果があります。

簡単なカバーなら1,000円程度で購入できるので、電気代節約、効率良く室内を冷やすためにもカバーを取り付けましょう。

\アルミ製のお洒落な室外機カバーはこちら/

まとめ:沖縄でエアコンのおすすめはカビ対策も視野に

沖縄は年中湿気が高く、冬でもカビが生える可能性があります。

エアコンを購入する際は、カビを抑制する付加機能があるエアコンを設置しましょう。

また、広さだけでなく、日差しが入りやすいかどうかで、冷房能力を判断してください。

日差しが強い部屋に設置する場合は、目安の表記より広いエアコンを購入すると、電気代節約や効率良く室内を冷やす事ができます。

エアコンを購入した際は、室外機カバーの取り付けも忘れずに!

また、暑くジメジメした日はエアコンだけじゃなく、除湿機を使用すると快適に過ごすことができます。

沖縄の湿気対策に除湿機はオススメです。

下記の記事に、沖縄に合った除湿器を紹介しているので、是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次